【レシートで楽天ポイントを貯めよう】楽天パシャとは?使い方や注意点など

楽天パシャ 楽天

この記事は

 

楽天パシャって何?

 

何がお得なの?

 

そんな疑問に答える記事になっています。

 

・楽天パシャとは

 

楽天パシャとは、いつものお買い物で楽天ポイントが貯められるレシートアプリです。

 

すでに楽天会員の方は簡単に始められるので、お得に楽天ポイントを貯めていきしょう。

 

・楽天パシャの使い方

 

楽天パシャの使い方は簡単。

 

3ステップで完了です。

 

1,スマホで「トクダネ」を獲得する。

楽天パシャの使い方

引用:楽天パシャHP

2,全国のコンビニやスーパーなどで、獲得した「トクダネ」の商品を購入する。(一部対象店舗限定のトクダネも存在します)

楽天パシャ使い方

引用:楽天パシャHP

3,対象商品を購入したレシートを撮影して送信するだけ

楽天パシャ使い方

引用:楽天パシャHP

楽天パシャ使い方

引用:楽天パシャHP

 

以上の3ステップで完了です。

 

獲得したポイントは翌月の25日頃に一括で付与されます。

 

また、付与されるポイントは期間限定ポイントになります。

 

有効期限は、付与日から6か月後までとなります。

 

・楽天パシャの注意点

 

いつものお買い物がお得になる楽天パシャですが、ポイントを獲得するための注意点があります。

 

  • 「トクダネ」の対象商品は全国どこで購入してもいいが、一部、対象店舗限定の「トクダネ」があるので、各トクダネの情報をよく確認することが必要

 

  • 対象商品を購入する前に「トクダネ」を獲得しておかなければならない。(※商品を購入してから「トクダネ」を獲得ではポイントは貰えない)

 

  • レシートの貰い忘れには注意(レシートが無いと対象商品を購入してもポイントは貰えない)

 

  • レシートを送信は「トクダネ」を獲得してから3日以内にしなければならない。(「トクダネ」を獲得してから3日より日数が経つと無効になるので、とりあえず「トクダネ」を獲得するのではなく、買い物をする前に「トクダネ」を獲得するようにしましょう)

 

5、レシートの再送信は出来ないので、レシート撮影のルールはきちんと確認しましょう。

レシート撮影のルール

引用:楽天パシャHP

レシート撮影のルール

引用:楽天パシャHP

レシート撮影のルール

引用:楽天パシャHP

 

・対象商品は身近な物が多い

 

楽天パシャの対象商品は、コンビニやスーパー、ドラッグストアなど、どこにでもある商品ばかりなので、ポイント獲得は難しくありません。

 

対象商品は毎日更新されるので、要チェックです!

 

以下は対象商品の一部です。

 

今日のトクダネ

2019年10月29日の今日のトクダネ

 

・「きょうのレシートキャンペーン」

 

楽天パシャには常時開催されている「きょうのレシートキャンペーン」というものがあります。

 

このキャンペーンは、実店舗でお買い物をして貰ったレシートを、当日中に撮影して送信すれば、レシート1枚につき1ポイントを貰えるというものです。

 

1日に送信できるレシートは5枚までとなっています。

 

当日中のレシートであれば、「トクダネ」など関係なくポイントを貰えるので、是非活用しましょう。

 

(対象となるレシートは、スーパー、コンビニ、ドラッグストア、ディスカウントストアで発行された紙のレシートです。飲食店やタクシーなどは対象外となるので注意が必要。その他のルールに関してはコチラをチェック)

 

・興味を持ったら始めてみよう

 

楽天パシャは既に楽天会員の方ならすぐに始められます。

 

専用アプリが2019年9月24日にリリースされました。

 

アプリをダウンロード後、楽天会員IDでログインするだけです。

 

あとは、興味のあるカテゴリーを3つ以上選んで登録すれば楽天パシャを始められます。

 

 

・初めてなら絶対に「はじめてのトクダネ」を活用しよう

 

楽天パシャには初心者の方の為に「はじめてのトクダネ」というものがあります。

 

はじめてのトクダネ

 

これは、何でもいいので、今、手元にあるレシートでポイントが貰えるというものです。

 

楽天ポイントが20ポイントも貰えるので、是非楽天パシャの使い方の練習としてやってみましょう。

 

まとめ

 

楽天パシャは使い方も簡単で、毎日対象商品も更新されるので、日々のスーパーやコンビニのごみになってしまうレシートを楽天ポイントに変えていきましょう。

 

楽天ポイントは貯まりやすいし、使いやすいポイントなので、コツコツ貯めて、節約していきましょう。