千原せいじの不倫ニュースで感じたこと

千原せいじ
出典:千原せいじInstagramより
ニュース

こんにちは!

 

筋トレで良い体になって娘にモテたい副業ブロガーのryo(@bb_ryoulog)です。

 

最近お笑い芸人の千原せいじさんが再びの不倫発覚で世間を賑わせてますね。

 

千原せいじさんの不倫ニュースで感じたことがるのでまとめてみます。

 

千原せいじ簡単プロフィール

 

生年月日:1970年1月25日

 

出身地:京都府福知山

 

お笑いコンビ:千原兄弟のツッコミ担当

 

相方:千原ジュニア(弟)

 

所属事務所:吉本興業

 

結婚:2002年に結婚

 

SNS:TwitterInstagram

千原せいじ不倫問題の概要

 

まずは千原せいじの不倫問題とは何なのか、ニュース抜粋

 

せいじの不倫が“文春砲”を浴びたのは、これで2回目。同誌5月23日号では、浜崎あゆみ似の20代スレンダー美女との“ハヤシライス不倫”が報じられた。

今回は40代の元AV女優に加え、30代のハーフ美女とも関係があったことが明らかに。分かっているだけで計3人だ。

せいじは前回、「カレーライスばかりじゃなくて、たまにはハヤシライスやハッシュドビーフも食べたなるしねぇ」と迷言を発していたが、今回は「激辛カレーに手を出してもうたんや。おかげでケツに火が付いたわ」……。

引用:ライブドアニュース”再び不倫発覚の千原せいじ「ブサイクランク」常連でもモテる理由”

千原せいじの不倫ニュースから感じたこと

 

世間のイメージで受けるダメージが違いすぎる

 

千原せいじさんの不倫が発覚したのは今年だけで2回目。

 

前回が5月にスクープされてから、わずか半年ほどで再びの不倫発覚。

 

この不倫に厳しいご時世に、これはせいじさんも大変だろうなと思ったら、案外大きなダメージにはなってなさそうな印象です。

 

掘り返すようですが、ベッキーなんかレギュラー番組やCMが10本以上も打ち切りになって、世間から大バッシングを受けていたのに・・・。

 

同一労働同一賃金じゃないけど、同じ不倫なのに差が有り過ぎじゃないかなと。

 

この二人の差は、よく言われているように、二人の元々の世間のイメージの差で、ベッキーは好感度が高すぎて一つの過ちで一気に転落してしまった感じ。

 

逆にせいじさんは、元々好感度タレントでもないし、やっても不思議ではない感じがあるので、許されているというか、世間に強い関心を持たれていないように感じる(笑)

 

不良がちょっと良いことしたら評価爆上がりみたいな感じですよね。

 

仕事でもプライベートでも「こいつは仕方ないな」って思わせておくのが、処世術としては最強なんじゃないかなって思ってしまうよな~(笑)

 

だからって僕自身そうなれるかというと、今更難しそうなんだけどね。

 

男のモテには容姿の優先順位は低い

 

せいじさんはお世辞にもイケメンって感じではないですよね。

 

最近は太ってきているって千原ジュニアさんが「にけつ」って番組で言っていたので、身長は高いけどスタイルがめちゃくちゃ良いって訳でもなさそうだし。

 

それでも、こんなに立て続けに色んな女性と関係を持っているということは、やっぱりモテているんでしょう。

 

ばれていないだけで、他にも女性の影があるだろうと個人的には思っています。

 

女性にモテるのは、モジモジしているイケメンよりも、自信満々で堂々としている頼れる男なんだろうなと。

 

以前に読んだことのある「ぼくは愛を証明しようと思う」っていう恋愛工学の本でも言ってました。

 

モテスパイラルというものがあって、女性はただのイケメンよりも、フツメンでも他の女にモテている男を好きになるっていう理論。

 

これは確かに一理あるなって思います。

 

美女と野獣みたいなカップルはよく見るし、知り合いでもモテる人はモテ続けてるなって思うので。

 

恋愛工学のなかには、それは無いだろうっていう理論もあったけど(笑)、モテるためには丸腰で挑むより、ちょっとだけでも勉強して知識をもってから挑んでもいいのかなと。



まとめ

 

不倫するのは個人の自由みたいな論調もあるけど、悲しむ人がいるってことも忘れてはいけない。

 

奥さんとお子さんと、傷つけ迷惑をかけていることだろう思います。

 

ただ、何にも関係のない人たちが執拗に叩くのも違うのかなと。

 

他人のあらさがしをするよりも、自分の為に貴重な時間を使った方がいいのかなと。

 

いくらモテても、遊ぶのは程々にしないといけませんね。